カロッツェリア製バックカメラ取り付け

先頭ページです  2006年08月15日の記事へ→

中古車として買ったときに一緒につけたHDDナビがカロッツェリアAVIC−HRZ09。
前の車、マスタングで使っていた初期DVDナビAVIC−919からみると隔世の感があります。
このナビに、バックカメラがつけられるということを知って、取り付けてみました。
バックの死角が大きめで不安も多かったですから。

しかしナビを取り付けたところでバック信号を結線してくれていなくて
運転席足元右あたりのバックランプからとってつなぎました。

ここにつけました。ここだと室内だから雨にもぬれないし、いいかなーと。しかしちっこいですねー。

こんな感じで、内張りの隙間にかませてあるので、ビスも両面テープもつかってません。

これが写った画面。


これを見ると結構室内が写ってしまっててもったいないので、もっと上を向けたいのですが、
取り付け位置の関係でこれ以上上を向けてもリアウインドウにあたってしまうのです。

そこでやむなく室外に出すことを考え中です。やっぱり両面テープを使うような
マネはしたくないので…どっかいいところないかなーと物色してみると、
リアスポイラーの中央のストップランプの赤いレンズを止めてる下のネジが使えそうです。
小さなアルミの止め具かなんかを使えばテープも使わず穴もあけずに外に出せそうです。
そこまで 出せば、背面スペアタイヤのむこうももう少し見えるのではないかと期待。

あと、バックモニタの切り替え信号はバック信号のみらしいので、
ここに12Vを加えるスイッチを作ると、バックでないときも後ろがみられるようになりそうで
いたずらには楽しいSWになりそうです。でもダイオードうまくいれないと
リアのバックランプが点灯して後ろの人をぎょっとさせてしまうですね。

以後進展あれば更新。

先頭ページです  2006年08月15日の記事へ→


[サーフいじり・トップへ]