リアカップホルダの修理

先頭ページです  2007年03月24日の記事へ→

後部座席用のカップホルダのフタ。
ええ、買ったときから壊れてました。

買ったところにクレームすればいいじゃないか、と思うでしょう?
しかしそれはすごくリスクがあるのです。
私がこの車を買ったのは地元埼玉ではそこそこ大きくSUV専門で
売ってるお店で、カーセンサーにも沢山載せてます。(最近ではあつかましくもヤフオクにまで
出してきました。えらい吹っかけ値段なんで今のところ一台も売れた形跡はないみたいです)

しかし、これがもう大変で。口約束とは言っても契約時に
言った納車期限を一週間以上過ぎても納車どころかナビがどうの、とか
言って納車予定日さえ言わないありさま。しかも催促の電話に
折り返す、と約束しても一度も折り返してはこず、入金確認できたら
電話で連絡するといったのに連絡もせず。
ネットで調べ、中販連という中古車販売を仕切ってるらしい
団体に相談したところ、問題なのでこちらからお店に直に注意すると
言ってくれて、その中販連の人には私に数時間以内に連絡すると答えたくせに
連絡がなく、お店に電話してみたら、もう担当者はいない。
翌日は担当者は休み。
全額代金を受け取っておきながら、さすがにこれは単なる契約不履行を通り越してる
だろうと判断して、内容証明で契約破棄と代金返還を求めました。
あまりに悔しいので弁護士費用払ってでも徹底抗戦するつもりでした。
そしたら、社長らしいのが電話をかけてきて、翌日納車になりました。
でもだからといって菓子折りひとつあるわけでもなく、ただ軽い頭をペコペコするだけ。
問題の担当も、大して悪びれるでもなく自発的に謝るでもなくなれなれしく話し掛けてくるしまつ。
どういう商売なんですか、これは。
納車日は休日だったのでお店のロビーには結構たくさんの人が
契約の話をしていたみたいですが、大声で「絶対やめとけー!」と激しく叫びたかったですね。

専門店なんだから、多少高くてもちゃんとしてる、と思うのがいかに
幻想に過ぎないかよくわかりますね。あのとき、丁度いろいろあって
ぐったりしていて、しかもどうしてもすぐにチャイルドシートの付く車が必要という
状況じゃなかったら、私も契約しなかったと思います。
それに結局全然間に合わなかったし。ひどすぎる。

そんな経緯でやってきた車なので、こんな個所があっても
別に驚きもしませんでした。
ちなみにあと壊れてるのは、リアシートのシートベルトの受けが1つ。
それからこれは知識がないのでよくわからないのですが
車検証の備考に走行キロが2つ記載されています。メーターも交換されてるのかも。

二度とあの忌まわしいお店と関係をもちたくありません。
もしまたあの店に車を預けてしまったら、今度はどうなることやら?想像したくもありません。

…と思い出したくもないいまいましい記憶を辿っていたら
またあのころの怒りが込み上げてきてしまいました。ハァハァ。

そんなわけでよっぽどひどい瑕疵がないかぎり買った店には
もっていかない固い決心があるので、自分でどうにかしようと思うのです。
このカップホルダのフタ。

裏側からみるとこんな感じに欠けてしまってます。
前のオーナーか?なにやら瞬間接着剤で直そうとともがいた後がありましたが
そんなのムダムダ。こんなに力のかかるところが接着剤ごときでどうにかなるものではありません。
しかもきちんと部品を分解しないでどうにかしようとしたような気配。それじゃ直りませんよ。

丁度手元にあった4mmのアルミ棒が残ってる方のツメとほとんど同径だったので
これを差し込む穴をうまいことあけてつっこみます。
これなら外れまい。

ふっふっふ。直りました−。動作も問題ありませーん。
ちなみにトヨタから買っても3600円くらいのパーツなんですけどね。
ほとんどタダ同然で直ったので、とりあえずまぁ使えるものは使いましょう。

MOONMISTカラーのパーツなんで、フタだけ染めQで黒に塗って取り付け…とも
思いましたが、それではあまりに素直すぎるので、もう一ひねりしてみようかな…とまたよからぬ計画中。

先頭ページです  2007年03月24日の記事へ→


[サーフいじり・トップへ]