ウッドステアリング

2008/03/11

2006年にウッドコンビステアリングを装着してからずっと
使っていましたが、ウッドステアリングを作っている方と
縁があって、TRDステアリングをベースにほんとうのウッドステアリングを
作ってもらいました。

材質はブビンガ(アフリカ紫檀)材、TRDの3スポークの握り部分を一旦すべて
取り去って作り直したワンオフ品です。
塗装も表面に塗装膜をほとんど残さない仕上げだそうで、
滑らかな表面ながらも手ごたえが木らしく、クリアの塗装膜を
触っている感じがありません。

裏面。前回のウッドコンビで控えめで少し不満のあった凸凹も今回ははっきりしたものがつきました。
表面だけを加工するウッドコンビと違い、ステアリングの骨の鉄部分以外はすべて本物の
木でできています。

装着したところ。


ちなみに元の。

何枚かとりましたので載せます。

少し走ってみると、ウッドコンビは表面だけの加工だからか、ハンドル自体が
少しプルンプルンしていたことがわかります。(ウレタンっぽい部分が少し残ってる?)
芯まで木材のこのステアリングではそlのあたりがカシッとして曖昧さがなくなって気分がいいです。
塗装膜が表面にほとんどないからか、表面は滑らかですが滑らなくなり手との摩擦が少しあがって握りやすくなりました。

 



[サーフいじり・トップへ]