パワーウインドウスイッチパネル製作

内装をどうにかしたいシリーズ。

ドアトリムを銘木紫檀の薄板で作ることになったので
ついでに…ということで考えていたドア内張りのパワーウインドウSWパネルのところを
ウッドにできないかと思案していたのにも挑戦してみることにしました。
こっちははるかに難易度が高そうなので、完成しない可能性大。

●2006/09/23

ドアトリム用の薄板と一緒に手に入りました、紫檀の板です。
15mm厚程度。ものすごい重さです。

かねてから作っておいたプラ版の型板を元に切り出しました。
これもドアトリムのところみたくさくっと切り出したみたいに見えるかも
しれませんが、なにしろ5mm厚でも電動ノコの刃を止めてしまう銘木です。
15mm厚の手ごわいこと手ごわいこと。結局最後はピラニア鋸の手作業で切り出したのでした。
手だと電動よりずっと非力ですが、ピラニア鋸の刃が極薄であることに救われてなんとか切れたって感じです。
でもあと3枚これをやるのは考えたくないくらい全身疲労困憊しました。ダイエットには大変よさそうです。

ちょっとあわせてみます。ここにぴったりとつくようになると
目論見どおりなんですがねー。

下側を広い範囲にえぐる感じに削り取りたいんですが、
固くて固くて手元のバードカービング用ルーターではらちがあきません。
ノミか、ドリルにつける軸付き砥石がないとダメかも。

…というわけで続きはまた日を改めて。


[サーフいじり・トップへ]