室内灯LED化

先頭ページです  2006年08月26日の記事へ→

サーフの室内灯は3つあります。

1つは、運転席の前方、サンルーフの操作パネルと一体になった手元灯のようなやつ。

もう1つは普通の室内灯で、天井のどまんなか。

最後はカーゴルームです。

サーフは室内が広いせいか、なんかすごく暗く感じるのです。
そこでどうせなんでLED化してみようと思いました。

まずは一番使いそうな真中の室内灯をテストで交換してみることにしました。
ここは、赤子がミルクゲボしたとかで緊急に明かりをつけたいことが結構ありますので最優先。

入手したものはこういうもの。

中身はこういうものです。

とりつけてみようとしたら、なんか接触がおかしくて、よくみたら
電球状の透明プラの中のハンダがとれてしまってます!
文句いって取り替えてもらうことはできると思いましたがもう面倒くさいので、
コードを無理くり引っ張り出して、ハンダづけで固定してしまいました。

交換前。

交換後。

なんか画像ではあんまり明るさの差が感じられませんが、多分デジカメが自動で露光調整かなんか
やってしまうんですね。 前のスポットランプとの相対差が明るさの差だと思います。

明るくなった…というより、白くなった、って感じですね。

あと、LEDが配列してある部分、裏に両面テープがついてはいるんですが
非常に貧弱で全然くっつきません。ですので、手前のクリア パーツのところに
LED配列が落ちてきてしまっていて、点灯すると白い点点が見えてしまいます。
いかにもLEDだぞぅ!っていう感じもしないでもないですが、なんかしっかり固定
されてないのが気分悪いので、あとで、ちょっと大き目のプラの板かなんかを
間に挟んでネジ止めしようと思います。

カーゴルームの室内灯は同じものでした。
でも今度はちょっと違う形のものをあたってみます。それのが面白そうだから。

前方の手元灯はこんな感じ。

かなりキワキワに付いてるんで、LEDにする余地が厳しそうでした。うーむ。

先頭ページです  2006年08月26日の記事へ→


[サーフいじり・トップへ]