自動防眩ルームミラー装着

先頭ページです  2008年08月24日の記事へ→

2008/07/01

小ネタをちまちまやろうということで、
次のネタは自動防眩ミラー。セルシオとかベンツについてる、
明るさに反応して自動で鏡面の色が濃くなったりしてくれるやつです。
電池式のとかが後付け用にトヨタも用意してるとかいう話も
聞いたことがありますが、高いですし。
自分でできそうなことは自分でやってみたいですからやってみることにしました。

いつもの予備パーツからはじまりです。
左が185サーフのルームミラー(鏡面は破壊して取りました)
右がセルシオ(UCF20とかいったかな?)のルームミラーです。

裏面です。一番の悩みはここ。ステーの取り付け位置が
セルシオは裏面なのに対してサーフは上部。
これではステーをさくっといれかえて完了、とはいきません。
…しかしどっちのミラーもトヨタのグレーのはずなんですが、やはりセルシオのグレーのほうがなんだか重みがありますね。
サーフと並べるとほとんど黒にみえます。

セルシオのミラーをあけてみました。
鏡面を破壊しないと開かないサーフのミラーにくらべ、こちらは細いドライバで慎重にこじると
わりと簡単にあけることができます。
中身の回路は割りと小さいものです。

ステー取り付け部分を外しました。

通電して実験してみましょう。12VとGNDだけの超簡単配線です。
まずは普通の状態。

受光部に光を当ててみると…こんな風に色が変わります。面白いですね。
…とはいっても、運転席の位置の高いサーフで後続車が眩しいという思いを
したことはこれまでも数えるほどしかないのですけど…まぁ遊びということで。

これであとはなんとかサーフのミラーステーをつけることができればいいのですが…
うーむどうしよう…

車側のミラー取り付け部の検証をレベルメータを外してみることにしました。
ついでだったのでレベルメータの照明も赤にしました。その様子はこちら。

先頭ページです  2008年08月24日の記事へ→


[サーフいじり・トップへ]