ウッドコンビステアリング

先頭ページです  2006年09月14日の記事へ→

ウッド調パネルをあちこちにつけて、だいぶ幸せ度は上がってきましたが
こうなるとやっぱり運転中ずっと手を触れてるものが気になってきます。
そう、ステアリングです。

はじめはヤフオクなどで見かけるMOMOの3本スポークのウッドステアリングが
つくと思っていました。だって純正指定だし。
でも調べていくうちにわかったことは、どうやら前期型と中期以降では
エアバックのカプラ形状が異なって装着できないらしいこと。
確かにステアリングの形状も前期型は2本スポーク、中期以降では
4本スポークと違っています。

ちなみにうちの。

最初 2本スポーク ださい〜とか思っていましたが、色々調べてるうちに
段々こっちのほうが好きになってくるのが不思議です。
だって手の邪魔になるスポーク少ないほうがいいような気がするし。

カプラ・エアバック形状確認のため、3代前の車からお世話になってる整備工場で
ステアリングを外してもらったときの画像です。ボケボケなんですが。

上下逆になってます↓



白飛びしてしまって結局カプラの形はよく見えないんですが、エアバックの形ははっきりわかるので
これで役に立ってくれました。

ちなみに前期型と中期以降型でカプラが違うという結論の決定打はこれ↓
TRD ステアリング 適合表
こうなるとエアバックを諦めないとすれば、選択肢は普通TRDのステアリングしか
みつからなかったのですが、この適合表でも
サーフは
95.12〜97.8 → A型
それ以降 → B型
に分類されています。

さてこれでエアバックつきのままウッドステアリングにするというのは
不可能…となった感じでしたが。

ステアリングのワンオフ加工屋さんというのがこの世にあるというのを知り
お願いしてみようということになりました。

しかしそのためには一旦自分のステアリングを加工屋さんに送らなくては
ならないため、その間(結構長い)替えのステアリングが必要になります。
これが案外手にははいりません。純正新品パーツだとウレタンステアリングとは
思えない 凄い値段ですし。

運良く、同じサーフオーナーの方がお譲りくださるということで
やっと現実に話が進みはじめました。

以後、進捗があれば更新します。

先頭ページです  2006年09月14日の記事へ→


[サーフいじり・トップへ]