●ウッドパネル  センター&メーター

185サーフはSSR−Gという一番上のグレードには
ウッドパネル調が設定されていたみたいです。
社外品で貼り付けるタイプのも出てるようなのですが
純正にこだわってみようということで入手しました。
あくまでウッド調 なので、貼り付けるタイプのほうが
かえってウッド自体の質はいいかもしれません。
あと貼り付けるタイプのほうがウッドになる部分が多そうです。
エアコンの噴出し口とか。

ちなみにメーターパネル周りのウッド調パネルは、中期以降の
SSR−GにMOMOのウッドステアリングとセットでオプション設定されていたものだとか。
そのせいもあって、前期型のウッド(センター部分)と色合いが違っています。
まぁ〜些細な違いなんですが。 後期のほうが濃い感じ。
前期と中期以降の見分けかたで一番簡単なのはセンターパネルの
エアコンの噴出し口。2つの噴出し口の間に時計があるのが中期以降、
右についてるのが前期型です。だからうちの前期です。

あと、MOMOのステアリングはヤフオクなどでたまに見かけますが、
エアバックのカプラの形状が違ってるらしく前期にはつかないみたいです。
このへんはステアリングのページでまた。

これが元↓


装着後↓

小さな変化にみえるかもしれませんが、乗ったときの感じだとこれだけでもだいぶ華やかになった気がして、ハンドルを握るときの幸せが増えました。

 


[サーフいじり・トップへ]